顔脱毛もできる医療脱毛~保湿は十分に行おう~

現在、美容皮膚科や美容外科といったクリニックで受けられる医療脱毛には、レーザー脱毛・針脱毛、この2種類があります。
レーザー脱毛は肌にレーザーを照射して、無駄毛を毛根から処理する脱毛法です。
針脱毛はレーザーと同じく、毛根から無駄毛を脱毛できる脱毛法で、毛穴の中に針を差し込み電流を流す施術を行います。

どちらも、毛根の組織自体を破壊する脱毛法という事もあり、永久脱毛の効果を持つ医療脱毛です。
医療脱毛といえば、脇や腕、脚といった人前に肌を見せる機会が多い場所、そして背中やVライン・Iライン・Oラインといった自己処理が難しい部分の施術が人気です。

最近は、これら体のパーツだけでなく、顔脱毛を受ける方も増えつつあります。
顔脱毛では、主にヒゲやもみあげといった部分を脱毛します。
女性でもヒゲなど、顔に生える無駄毛に悩んでいる方は少なくありません。

顔は狭い範囲ですのでカミソリで、無駄毛を処理してしまいがちですが、長年自己処理をしていると色素沈着を起こしやすい為、注意が必要です。
医療脱毛であれば、半永久的に無駄毛が生えてこなくなるので、自己処理による肌トラブルを予防できます。
また、女性だけでなくヒゲ剃りをするとカミソリ負けをしやすいという、男性にも顔脱毛を受けるケースが増えているようです。

クリニックでの脱毛という事もあり、安心感の高い医療脱毛ですが、施術を受けるにあたって注意したい点もあります。
注意したい事の1つとして挙げられるのが、「保湿」です。
肌が乾燥していると、脱毛時に痛みを感じやすくなるのです。
ですので、日頃から保湿を十分に行っておきましょう。

保湿をする事で、肌のキメも整うので一石二鳥です。